タグ:ショパンコンクール ( 7 ) タグの人気記事

2010年10月22日 コンクール

二週間あまりに渡ってくり広げられたショパンコンクールだけど、本選でひとつだけ気になったのが聴衆の拍手。
ピアノソロが終わるや否や、まだオーケストラが弾いているのに、会場はすでに拍手とブラボーの嵐。
確かに主役はピアノなんだろうけど、それでもやっぱり、曲が終わり、すべての余韻が消え去ってから拍手して
欲しかったなぁ。

おまけにこの手の拍手には苦い思い出が・・・
[PR]
by yokusia | 2010-10-22 02:12 | 音楽

2010年10月21日 コンクール

昨夜は、コンクール関連番組の一環として、55年前(!)のショパンコンクールで3位とマズルカ賞を受賞し、今回、
審査員のひとりとして来ポ中のフー・ツォンへのインタビューがありました。

「なぜショパンコンクール出場を決めたのですか」という質問(だったと思う)に対しては、

「決めるも何も、中国ではすべてが政治がらみですよ。中国政府について重要だったのは、当時、ポーランド共産党
第一書記だったビエルートからショパンコンクールの招待を受けたということだけです。」

「あなたはマズルカ賞を受賞されていますが、どうやってそんなに見事なマズルカの演奏を習得されたのですか」
という質問には、

「耳からです。当時、好きだったポーランドのピアニスト(フリードマンの名が出ていた気がする)の弾くショパンを
繰り返し聴いているうちに自然と身につきました。実を言うと、コンクールへの参加が決まるまで、まったくマズルカ
を弾いたことがありませんでした。(会場で?)その話をしたら、「それなのになぜ、よりによって、一番深く哲学的な
難曲ばかりを選んだんだね」と驚かれましたよ。マズルカの演奏において大切なこと、それは直感だと思います。」
(例によって超大雑把訳)

もしこの話が本当だったら、ちょっとすごすぎる・・・

さて、コンクールの結果ですが・・・
[PR]
by yokusia | 2010-10-21 06:24 | 音楽

2010年10月20日 コンクール

ショパンコンクール、ついに最終日を迎えました。
最後の3人(リトアニア系ロシア人1人、フランス人2人)の演奏は今日の午後6時から。

その後、結果発表、明日のファイナリストコンサート、授賞式という流れのようですが、なんとその様子が、フランスの
テレビ(Arte)でも放映されるよう。

明日の夜10時30分からで、ワルシャワからの生中継だそうなので、ちょっと楽しみ・・・
日本でも、コンクール終了後、特別番組が組まれるかもしれませんね。
今回、アジア人は全滅だったけど・・・

そうそう、てっきり公開中だとばかり思っていた17日の記事、非公開設定になっていました(泣)
出場者の演奏ビデオのリンク(今のところ第三次予選まで)があるので、興味がある方はご覧くださいね。

それにしても、みんな熱いです。
[PR]
by yokusia | 2010-10-20 22:55 | 音楽

2010年10月17日 コンクール

今日はショパンの命日。
心臓が安置されているワルシャワの聖十字教会では、例年通り追悼ミサが行われるよう。
ミサ中に演奏されるのは、ショパンが一番好きだったモーツァルトのレクイエム。

明日から本選が始まるショパンコンクールですが、今回、演奏した全出場者のすべての演奏がコチラで聴けます。
映像つきなのが嬉しい・・・(英語ヴァージョンはコチラ)もっと早くに気づいていれば・・・。

ちなみにこれまでの日程と今後のプログラムはコチラ(ポーランド語)コチラ(英語)
以前のプログラムを見たい場合は、左横にある予選名をクリックしてくださいね。

何はともあれ、これなら時差の大きい日本のショパンファン、ピアノファンの皆さんも楽しめますね。
私のようなパソコン内蔵のしょぼいスピーカー(もどき)でなく、いいアンプとスピーカーで聴いた方々の感想をぜひ
聞いてみたいです。

それはさておき・・・
[PR]
by yokusia | 2010-10-17 17:25 | 音楽

2010年10月16日 コンクール

三日間に渡る第三次予選が終わり、ついにファイナル出場者決定!

その内訳は・・・
[PR]
by yokusia | 2010-10-16 23:11 | 音楽

2010年10月15日 コンクール

ショパンコンクール第三次予選2日目。
さすがにここまでくると、ピアニスト一人ひとりの個性や感性がはっきり出てくるので、なかなか聴き応えがあります。

ココまで聴いた私のお気に入りはやっぱり・・・
[PR]
by yokusia | 2010-10-15 22:56 | 音楽

2010年10月14日 コンクール

10月3日の日曜日から始まった第十六回ショパンコンクール。
今年はショパン生誕200年ということもあり、企画側もかなり力が入っているようです。

出場者の演奏は、ポーランドラジオの第二プログラムで連日放映されているので、このところパソコンのラジオが
つけっぱなし。本当はパソコン経由でなく、ラジオで直接、聴けるともっといいんですけどね。
こんな時は、ポーランド在住の友人たちがちょっとうらやましかったりして・・・。

それにしても、このコンクール、本国ではほとんどお祭り+トトカルチョ騒ぎ。
そのせいか、ラジオでもお気に入りピアニスト投票の場があって、これが聴衆賞に反映されるよう。
本当はテレビで映像も見たいのだけど、こちらは有料で、ポーランドに口座がないと契約できないのが残念。

さて、肝心の経過報告ですが・・・
[PR]
by yokusia | 2010-10-14 18:20 | 音楽