<< 2011年12月24日 クリス... 2011年10月17日 日常 >>

2011年12月18日 ご無沙汰しました

c0181688_22765.jpg
↑ カフェ・モーツァルトのチーズケーキ、チョコレートケーキ、モーツァルトコーヒー
(生クリーム入りのコーヒーにチョコレート味のモーツァルトリキュールを入れる!)


ず~と放りっぱなしのこのブログですが、一応、生きてます(苦笑)
レッスンネタも落ち着いてきたので、そろそろ写真ブログに戻ろうかなぁなんてことも考え中。
どちらにしろ、年明け以後になりそうですが・・・




ピアノの方は、あいかわらずモーツァルトと平均律。
平均律は、2番、5番のプレリュードとフーガ、そして6番のプレリュードが終わり、今は同じく6番のフーガに手を
つけ始めたところ。

プレリュードの方は先生の気まぐれ(?)で初回に「次の週までに暗譜してきてごらん」と言われ、死ぬ思いを
しましたが、お陰で、1年前から何度も何度も言われ続けてきた暗譜術(?)のこつとリズムの把握がようやく
腑に落ちたのは思わぬ収穫。

微々たる歩みとは言え、一応、進歩しているようです。

そうそう、もうずいぶん昔のことのような気がするけど、ポーランドとウィーン旅行、楽しかったです。
2年ぶりに友人たちと旧交を温め、私がいない間に生まれていた子供たちと会い、後はひたすらおしゃべり。

ワルシャワでは、新しくできたショパン博物館で、ショパンの手を購入。

c0181688_2152132.jpg
↑ 練習前、毎日、お守り代わりに撫でています。
横にあるのは、モーツァルトコーヒーについてきたモーツァルトリキュール(の空びん)

c0181688_221245.jpg
↑ そしてこれはショパンの書簡集第一巻。
3巻完結だそうですが、複数巻の刊行物が途中で立ち消えになることなど日常茶飯事のポーランド。
ちゃんと出てくれるかどうか・・・


ウィーンは結局、夜行日帰りの超スピード旅行になりましたが、日英ぺらぺら、おまけに女性離れ(?!)した
方向感覚をもつポーランド人の友人が同行してくれたお陰で、超方向音痴の私もまったく迷わずすみました。

一日だけだったので、音楽はあきらめ、美術館巡りと食べ歩きになりましたが、ウィーンはお菓子がおいしい!
そして料理(と言っても、BIO屋台でソーセージとジャガイモ食べただけだけど・・・)もおいしい!

ポーランドの素朴な家庭風ケーキもなかなかのお味だけど、ウィーンのアプフェルシュトゥルーデル(りんご
ケーキ)とトプフェンシュトゥルーデル(チーズケーキ)の味は格別でした。

c0181688_2363869.jpg
↑ 屋台で食べたソーセージ(人参入り)とジャガイモ
後ろに見えるのはミネストローネ(なぜウィーンの屋台でミネストローネなのかは謎)

c0181688_2411052.jpg
↑ 同じく屋台版のりんごケーキ。
一応、一人分ですが、二人分はゆうにありそうな量・・・(汗)

そんなわけで、今回、覚えた単語は、食べ物の名前ばかり・・・
ちなみに、フランスにフランスパンがないのと同様、ウィーンにウィーンナーコーヒーはありません。
カフェのメニューには、何ページにも渡るものすごく長~いコーヒーリストが載っています。

そして今回、久しぶりにウィーンを訪れてわかったこと。
この街一番の稼ぎ頭はもちろんモーツァルトだけど、その次にくるのはシューベルトでもJ.シュトラウスでもなく・・・

c0181688_220929.jpg
↑ カンガルー。

おまけに本物のオーストラリアパブ(オーストリアではなく)まであるし。
それも何とモーツァルトカフェの隣。
ここまで自虐に走らなくても・・・(涙)


ここで話は変わって・・・
最近、Blurbという会社でフォトブックを二冊、作ってみました。
一冊は200ページ、もう一冊は280ページの超大作(!)です。
ページ数が多い反面、紙はかなり薄いけど、手触りも良く、思ったよりいい感じです。
アメリカの会社ですが、フランスにも支社(?)があるようで、送料が国内と同じなのは助かりました。
また作りたい!

とまあこんなところ。

クリスマス休暇は、25日から年明け7日まで、カタロニア(フランス側)へ行ってきます。

みなさん、よい年末年始をお迎えくださいね。
[PR]
by yokusia | 2011-12-19 01:55 | その他
<< 2011年12月24日 クリス... 2011年10月17日 日常 >>