<< 2010年12月21日 オタク話 2010年12月15日 陶芸 >>

2010年12月17日 雪写真

c0181688_21181030.jpg


今日の未明、またまた雪が降りました。
日が昇ると同時に暖かくなり、青空が見えたので、すぐ溶けるだろうと思っていたら、お昼時を過ぎてもしっかり
居座っていました。それもうちの庭だけ・・・(笑)

これは写真を撮って欲しいのだろうと勝手な解釈を下し、この冬、3度目のポートレート(?)写真を撮影。
前日、空になったまま放ってあったバッテリーが、なんと一時的に復活しました。
もし切れたままだったら撮れなかったことを思うと、運命的、必然的な何かを感じてしまったりして・・・。








・・・な~んて書いていたら、夕方、また雪が戻って(!)きました。
予報では、今週末までに5-10cmほど積もる見込みだとか。楽しみ~!

来週の火曜日から南方(フランス国内だけど)に行くので、その前に思いっきり雪景色を満喫することにします。
本当は、もっと寒い地方に行きたいくらいなのだけど、相方が柔(?!)だからなぁ。


さて、今日の「発表会」ですが、ピアノだけかと思ったら、声楽、オルガンとなかなか多彩でした。
パリ市内のプロテスタント教会でやったのですが、今回、感じたのは、こういう小さい教会でのコンサートって、
ピアノにはかなり酷だということ。

同じ教会でも、昔の古いカトリック教会(例えばノートルダム寺院)のように、広くて音楽的(器楽的?)な音響効果
もしっかり考えられているようなところなら、また違うのだろうけど・・・。

とりわけピアノの場合、残響に癖があると、個々の音がぐちゃぐちゃに入り混じり、訳がわからなくなるから大変。
加えて、会場が狭いので、音量のさじ加減もかなり難しそうだったし・・・。

・・・と言うわけで、ピアニストには受難のコンサートだったのでは・・・と言うのが今回の正直な感想。
この次はもう少しまともな(と言うかピアニストに優しい)会場とプログラムで聴きたいなぁ。
[PR]
by yokusia | 2010-12-17 23:52 | 音楽
<< 2010年12月21日 オタク話 2010年12月15日 陶芸 >>